警告通知サービス・ベルトマ



・警告通知が届いた方


迷惑行為とは、近隣からの下記の3つです

騒音・声・振動


警告通知は、近隣住民、オーナー(大家)、管理会社、不動産会社、自治会長、町内会長、自衛団などの方から送られた、裁判でも有効な重要書類です。

警告通知内の「被害状況」をご確認いただき、速やかに解決してください。

解決されない場合、下記のプロセスを実行することになります。


ブラック登録されますと、オーナー(大家)、管理会社から退去命令などがあり大きなリスクを伴います。

また、退去や、更新や賃貸契約ができない、入居審査に通らないなど、将来に渡ってリスクを伴います。


住み心地 家賃の妥当性マップに掲載されると、オーナー(大家)、管理会社からの退去命令や、入居希望者の激減、または、不動産価値の下落により近隣住人が被害を受け大きなリスクを伴います。

また、たくさんの人の目に留まり、個人名を特定されたうえで拡散され、消せない汚点として将来に残るリスクもあります。



警告通知は「ご入居者様」で発送した場合でも、ブラックリスト登録、住み心地 家賃の妥当性マップ登録時のみ個人名にて行います。


迷惑住人ブラックリストへの登録状況の確認はこちら

信用取引審査情報もしくはブラックリストはこちらの規約に基づき運用されています

住み心地マップへの掲載警告

ブラックリストへの登録

当サイトでは、加害者、被害者間での交渉は一切行いません。

被害者にメッセージを送りたい場合は、ご自身で近隣住民、オーナー(大家)、管理会社、不動産会社等へ手紙をお送りください。

また、あなたからのお問い合わせにご返信することはできませんので、お問い合わせはご遠慮ください。


■内容保証

被害内容に虚偽、不実告知がないことが、第三者機関のジャパンワランティにより保証され、被害文章の成立の真正を証明します。

クリックで内容保証を確認

ジャパンワランティ


住居・テナント家賃値下げサービス
コロナの影響で家賃の値下げ依頼は急増、対応率は大幅改善
アパートやマンションなどの居住用物件でも、勤務先の長期に及ぶ休業や解雇、または残業が減るなど家賃の支払いに支障を来す入居者が増えてきています。

住居でもテナントでも、収入減での家賃の負担は重く、多くの方が「収支の見直し」として、家賃の値下げ依頼が急増しています。

その一方で、家賃の値下げに対応(値下げに応じてくれた割合)する割合が大幅に改善しています。



コロナ禍の今が、家賃値下げのチャンスです
     
詳細はこちら
     


 
値引きジャパン・TOP
 
 
警告通知サービス一覧
 
 
メニュー一覧
 
 
お問い合せ
 
 
▲このページのTOP
 
前のページに戻る


2008-2021 All Rights Reserved
ジャパンワランティ